衣替え・衣類のケア情報

自宅での衣類のお手入れアドバイス

洗濯は「すすぎ」が大事!

すすぎはキレイな水を使いましょう。
お風呂の残り湯では、汚れが残留してしまいます。

汚れ・シミはすぐに落とす!

上手なシミ抜きのポイントは、後ろに当て布をし、シミ抜き洗剤や水に浸した布で優しくたたくこと。これにより、汚れが当て布に移り、シミがキレイに落ちます。

※取扱い表示を確認し、家庭でできる場合はなるべく早く洗いましょう。

20160428-10
判断が難しい衣類はクリーニング店へ!

汚れ・シミが見えなくても要注意

一度でも着た衣類には、目に見えなくても実は様々な汚れがついています。
洗わず汚れをそのまま放置すると・・・

4大リスクが高まる
  • 黄ばみ
  • シミ
  • 虫食い
  • カビ

だから

大切な衣類を長持ちさせるための2ステップ
  • 1.しまう前にはクリーニング
  • 2.しまう時には防虫剤

2ステップのケアで大切な衣類をずっとキレイに、ずっと長持ち。

 

1.しまう前にはクリーニング

以外と知らない、クリーニングのこと

クリーニングのメリットって?

20160428-03
クリーニングは、衣類ケアのプロが、素材や汚れに最適な洗い方を選択して仕上げるので、家庭もきれいに仕上がり、風合いがよみがえります。

 

シミ抜きの技術

クリーニングでは、シミの成分に応じ段階的に処理を行います。
シミの性質に合わせて水、有機溶剤、薬剤を使い分けています。

20160428-04
※汚れは時間の経過とともに繊維に入り込み、生地のダメージも進行します。汚れたら早くクリーニング店へ。

クリーニングから返ってきたら

20160428-05
衣類はビニールカバーからすぐに取り出しましょう。湿気を含んでいると、カビの原因となることがあります。カバーを使用する場合は、通気性のよいものを使用しましょう。
※取り出した際には、衣類に問題がないか確認もしましょう。

 

2.しまう時には防虫剤

衣類の害虫対策に<防虫剤>はかかせません!

衣類害虫はあなたの身近に!?

成虫は飛べるので、家の中に侵入します。そして成虫が卵を産み、幼虫が衣類を食べてしまいます。
20160428-06

虫やカビは汚れが大好き

衣類害虫にとって汚れは一種の栄養分。天然素材だけでなく、汚れていると化学繊維でも虫やカビの被害にあってしまいます。
20160428-08

20160428-09

防虫剤Q&A

Q 服にニオイがつきませんか?

A 防虫剤にはニオイのあるものとないものがあります。ムシューダはニオイがつきないブランドです。

Q 自分の収納にあった防虫剤ってあるのかな?

A ムシューダは収納形態ごとにラインナップを取り揃えています。ご自宅の収納に適した商品をお選びください。

ムシューダ製品情報(エステー株式会社)

※エステー株式会社の衣類用防虫剤「ムシューダ」は全ク連推奨防虫剤です。

整理&収納アドバイス

しっかりコツをマスターして収納上手に!

20160428-01

上段には

  • オフシーズン・たまにしか使わないアイテム
  • 出し入れの際に危険なので、軽いもの
  • 湿気に弱いウールやシルク、カシミヤ、革製品(湿気は下にたまります)

中段には

  • オンシーズンのシャツやジャケットなど
  • 全てハンガーにかける場合でも、季節ごとに着る服を分けましょう

下段には

  • プラスチックの引き出しでスペースを有効活用→普段使いで畳めるものはこの中へ(おすすめは高さ20cm程度の浅めのもの、靴下や下着は高さ15cm程度で十分です)
  • 季節家電やスーツケースなど重いものも下段に