クリーニング長期間放置品対策

モデルクリーニング約款について
クリーニング約款作成ガイド&約款ポスターが完成

全ク連では、仕上り予定日を過ぎても長い間引取りのない「クリーニング長期間放置品」を解消するため、平成29年度より対策事業に取り組んでいます。
これまでに、クリーニング事業者に対する長期間放置品の実態調査や、「クリーニング長期間放置品解消対策マニュアル」の組合員への配布、組合員および消費生活相談員の方むけの普及講習会に取り組んできました。

今後、長期間放置品を発生させないためには、各クリーニング店が定める「クリーニング約款」に基づき、利用者に対して「クリーニング契約」の説明・明記を行い、利用者と放置品処分に関する条項が含まれた契約を交わす必要があります。
自店のクリーニング約款を定めるためのモデル(ひな形)が欲しいという組合員の方の声を受け、令和元年度事業としてモデルクリーニング約款作成事業を実施し、今般モデルクリーニング約款が完成しました。

自店の契約を整備し、クリーニング長期間を発生させないためにぜひご活用ください。また、過去に製作したマニュアルおよび店頭掲示用ツールも併せて公開しますので、今一度長期間放置品解消のためのルールについてご確認ください。

「長期間放置品対策 ダウンロードページ」
(※ダウンロードにはパスワードが必要です)

■掲載されているマニュアル・リーフレット画像のすべての著作権は全国クリーニング生活衛生同業組合連合会に属しており、これを無断で複製、改編することを禁じます。また、ダウンロードにあたっては、これに同意したものとみなされます。
※モデルクリーニング約款(Wordデータ)はご自由に編集してお使いいただけます。
■ダウンロードしたデータを自店で使用せず、第三者に販売・譲渡すること等、二次配布を禁止します。

長期間放置品対策ツールダウンロードページ