クリーニングニュース

『クリーニングニュース』は、全国クリーニング生活衛生同業組合連合会(略称:全ク連)が毎月1日に発行している機関誌です。全ク連に所属する47都道府県の組合員が主な読者で、官公庁、県指導センター、全国の消費者センター、大学等にもご購読いただいています。
毎号、時流にあわせたクリーニング業界関連の特集記事をはじめ、各組合の活動等を掲載する「情報ファイル」、「クレーム情報」等のクリーニング技術、販売促進、ファッションや新素材に関する情報など、多彩な情報を掲載しています。「クリーニング業界の最新の話題は?」「こんな問題が起こった時はどう対処したらいい?」といった際には、ぜひクリーニングニュースをご活用ください。

クリーニングニュース概要

発行日:毎月1日
体裁:A4版40ページ・オールマット紙・オフセット印刷
発行部数:1万1,000部

クリーニングニュースに広告を掲載しませんか

クリーニングニュースの読者は組合に加盟している事業経営者です。クリーニング業界随一の発行部数が広告掲載社様のマーケティング、商品やサービスのプロモーション、広報等の後押しをいたします。また、発行元の全ク連は厚生労働省認可のクリーニング業界唯一の法定団体であり、信頼性のある機関誌です。掲載をご検討の際は、お気軽にご相談ください。

お問合せ先

全国クリーニング生活衛生同業組合連合会 広報担当まで
〒160-0011 東京都新宿区若葉1-5 全国クリーニング会館2階
TEL 03-5362-7201
FAX 03-5362-7207

クリーニングニュース2017年10月号

栃木県茂木警察署捜査本部 情報提供のお願い
 ~発生から21年、未だ身元不明~
栃木県茂木警察署捜査本部より身元不明者についての情報提供のお願いです

平成8年4月21日(日)に、栃木県芳賀郡市貝町の竹林で布団袋に入れられた被害男性が発見された殺人・死体遺棄事件です。
平成8年当時、身に着けていた衣服は全国の各地域で販売されていたことが確認されており、加えて千葉県内の複数のクリーニング店から「ズボンのタグに『トナリ 山本』と書いた」、「このズボンを取り扱った」という情報提供がありました。そのため、被害者は全国を転々とした可能性や、千葉県内のクリーニング店を利用した可能性があります。
「手配のズボンを取り扱ったことがある」、「被害男性と似ている人を知っている」、「家族や親類、知人などで、20年以上連絡が取れない男性がいる」など心当たりのある方は、栃木県茂木警察署捜査本部(電話:0285-63-0110)にご連絡ください。
元不明者の詳細な情報等については10月号に掲載しております。

 

クリーニング師研修を読む。
クリーニング師研修パンフレット リメイクテキスト

年度、全ク連では重点事業に「『クリーニング師』資格の資質向上に向けた取組み」を挙げており、その一環としてクリーニング師研修の受講促進に取り組んでいます。
具体的には、都道府県生活衛生営業指導センターを中心として全国で行政等と連携した受講促進活動を行い、特に北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府の6都道府県では関係行政機関、全国指導センター、都道府県指導センター、組合、全ク連による関係者懇談会を実施しています。
全ク連では、懇談会に参加する関係者や組合、全国の理事長達にクリーニング師研修についてもう一度理解を深めていただくためにクリーニング師研修の制度内容や設立された趣旨、存在意義などを解説したパンフレット「クリーニング師研修を心で理解する本。」を平成29年7月に作製しました。
10月号と11月号の2号にわたり、同パンフレットの概略や全国の受講の実態などを解説します。

衣料管理情報
「金属による色の変化」

染料には金属と反応して変色が生じるものがあります。今回は、金属のファスナーとの接触で染色物の色が変化した事例を紹介します。

クリーニングニュース2017年10月号もくじ