お知らせ

2011年5月7日

全国中小企業団体中央会が震災等に関する研修会を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加

全ク連が加盟する全国中小企業団体中央会は先ごろ、全国団体研修会を開催し、被災した中小企業者等を支援するための国の施策や現在の動向、また組合組織の役割等について説明しました。
この研修会には中小企業庁からは事業環境部経営安定対策室の横尾浩一郎室長が講師として出席され「中小企業庁として、被災された中小企業等の復興に向け尽力するとともに、今後の危機管理という面についてもお話し申し上げたい」と述べられ、以下の資料を中心に解説されました。
ぜひ参考にしてください。
?BCP策定のためのヒント
企業が自然災害等の緊急事態に遭遇した際に事業の継続を図るための事前の取組であるBCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)についての解説書です。この資料は、事前の危機管理に有効です。
?中小企業向け支援策ガイドブックver.3(拡大版)
東日本大震災による災害の影響で、直接的又は間接的に被害を受けられた中小企業の皆さんの資金繰りや雇用面での支援策などの対策を解説しています。日本政策金融公庫の情報も掲載されています。
?経済産業省関連 平成23年度一次補正予算案等概要
研修会当日には平成23年度一次補正予算「案」の概要でしたが、その後の通常国会で成立しました。
?東日本大震災に係る中小企業対策について
中小企業庁が取り組んでいる各種の施策について一覧表になっています。