お知らせ

「衣料管理情報(クリーニング注意情報)
「コーデュロイのパイル脱落」

このエントリーをはてなブックマークに追加

先月号では、モール糸のパイルが脱落した事例を紹介しました。
今回は、モール糸と同様に冬物衣料に人気の素材として使用されることの多いコーデュロイのパイル脱落を紹介します。

監修/クリーニング綜合研究所

衣類の状態

クリーニングから返却された品物を確認したら、膝裏部分に筋状のキズがあると持ち込まれたもの。事故部はパイルが脱落し、基布が露出している。

 

膝裏部分のパイルが脱落したズボン
パイルが脱落し、基布が露出している

 

 

原因

 着用で繰り返される物理的な作用でパイルが脱落したものと推定され、クリーニングにより拡大した可能性が考えられる。

 

事故の防止対策

パイル織物の製造に関しては、摩擦などの物理的作用に対して十分な強度を持たせることが望まれる。パイルの形状はV型よりW型の方が構造的に脱落しにくい。
クリーニングでの受付時には、裾まわりやポケット口の他、特にズボンでは膝裏、上着では衿まわりや衿先および袖口など、着用で摩擦を受けやすい部分のパイルの状態を十分に点検する。
さらに、利用者にはクリーニング処理により着用摩擦を受けやすい部分のパイルが脱落する可能性があることを説明し、了解を得た上で処理することが望まれる。

 

 

コーデュロイ

コーデュロイは、ベロア調素材の一種で、よこパイル織物に該当する。たて方向に畝うねができるのが特徴で、カジュアル衣料に使われることが多い。

 

ベロア調素材

ベロアは紡毛織物の表面を毛羽立たせる仕上げのことで、このベロア仕上げに似せて作られたものに「ベロア調素材」があるが、今ではどちらも「ベロア」と呼ばれている。ベロア調素材には、次のようなものがある。

コーデュロイがよこパイル織物であるのに対して、ドレスやコート、装飾品などに使われるベルベットはたてパイル織物で、素材は絹、ポリエステル、レーヨン、綿など、光沢が強いのが特徴。

 

衣料管理情報「コーデュロイのパイル脱落」(PDFデータが表示されます)